当医院では平成19年度より上部内視鏡検査に新しく経鼻内視鏡を導入し、内視鏡検査を行っております。
当院で使用中の経鼻内視鏡は超小型CCDが採用された、究極の細径化と優れた
挿入性の経口挿入・経鼻挿入どちらにも対応可能な高性能極細スコープを使用しており、通常光観察と狭帯域光観察(NBI)が可能な普及型システム
です。

経鼻内視鏡時の麻酔及び前処置

*検査前日*
 ・ 夕食摂取後 夜21時以降の飲食は避けてください。
 ・ 水は、制限がありませんので飲んでください。(お茶・ジュース・牛乳は×)

*検査当日の朝*
 ・ 喫煙、食事は避けてください。
 ・ 朝の薬は8:00までに服用してください。(
糖尿病の薬は服用しないでください。)
 ・ 起床から来院までの間にコップ2杯の水を飲んで来てください。
通常経鼻内視鏡検査では注射はしませんが、場合によっては注射をする事もありますので、車を運転しての来院はご遠慮ください)
 
*検査前の準備*
 来院後診察が終わり次第検査の準備を行います。
 @ 胃の中をきれいにする為の薬を飲んでもらいます。
 A 鼻に麻酔をします。 (出血予防・鼻の通りがよくなります。)
 B 必要に応じて唾液の分泌を抑える注射をします。
 C 内視鏡検査
   鼻の通りの良いほうの鼻から内視鏡を入れてはじめは十二指腸まで入れていきます。その後胃・食道の順に観察して終了です。

検査終了後は鼻を強くかまないようにしてください。検査中の出血はまれですが、内視鏡による摩擦などの刺激でおこることがあります。出血がなくても、検査終了後1時間は鼻を強くかまないでください。

 *経鼻の前処置は経口の前処置に比べ時間がかかるため、当医院では、前処置の時間を最小限にし、かつ 麻酔効果が衰えない前処置を日々研究しながら、患者さんが苦痛なく安全に検査を受けられるように努力しています。

大腸内視鏡検査

当院の大腸検査の特徴

@大腸検査用の食事では特別な検査食は使いません
普段の食事とほぼ変わらないメニューで食事をしていただいてます。ただし、
検査前3日間は下記の物の摂取はひかえていただいてます。

<食事について>

控えて欲しい食品

・海藻類(昆布・わかめ・のり・ひじき) 
・こんにゃく・きのこ・ たけのこなどの山菜類
・野菜(ブロッコリーなどの食物繊維・葉もの・ねぎ・トマト

  玄米・麦・くるみ
・ゴマ・乾物・魚の皮
・小魚・脂身の多い肉

・果物(苺・キウイ
・スイカ・メロン
・ミカン・葡萄・リンゴ)など
食べても良い物

A
水分(水・お茶・紅茶・炭酸飲料・果実の入らないジュースなど)普段より多めに摂って下さい 特に炭酸飲料は夜間時の空腹感を満たすことができます。

B 前日21時以降〜検査終了までは禁食です。

C 少量の水のみ、前日夕食後〜来院2時間前まで飲んでかまいません




トースト1枚 
(約160kcal)
ポタージュスープ
(約160kcal)      
うどん
(ゆでうどん1玉)
1杯(約250kcal)
アイスクリーム
150ml(約130kcal)
プリン 1個
130g(約120kcal)
ヨーグルト 1個
130g
(約110kcal)
お茶、紅茶、スポーツドリンク、実のないジュース、キャンディー
お粥 茶碗1.5杯
(約220kcal)
みそ汁 1杯
(約20kcal)
冷やっこ 半丁
(約90kcal)
梅干ペースト 
少量

<内服薬について>

・当院以外の内服薬(心臓・喘息・頭痛・痛み止め・血さらさらの薬など)服用している方は、事前に医師又は看護師に申し出てください。
(おくすり手帳などお持ちの方はご持参ください。)


<腸内洗腸について>
・当院では原則として在宅にて洗腸剤を飲用してただいております。
ただし、高齢の方・大腸検査が初めての方の場合・またご本人の希望にて、
院内で洗腸剤を飲用していただき、排便状態を観察しています。

*検査当日の来院は在宅洗腸飲用の方は 正午12時まで来院、
院内での飲用時は午前8時〜8時30分までに来院していただいております。

*上部内視鏡検査同様 車を運転しての来院はご遠慮ください。

青森市村上内科胃腸科